秋の訪れ

天が高く感じられる。

雲一つない青い一面に、空気はキリリとひきしまる。

思わず、天を仰ぎ、胸いっぱいに空気を吸い込みたくなる。

庭を訪れるワイルドターキーは日増しに肥えている。

日は確かに浅くなった。

夕飯の空腹を感じる前に外の光が暮れ始めるようになった。

確かに、秋になったのだ。

夕日は木々を燃やしているかのよう。

とたんに夏を恋しく思う。