キッチン



やっとキッチンが完成しました!

メインの家は殆ど手をかけないでよいコンディションだったのですが、台所は私にとっては神宿る場所、一生のお付き合いなのでキッチンだけは自分の納得のいく、気持ちのよい状態にしたかったのです。

コンロは電気ではなく、絶対ガスにしたかったし、シンクも大きくとりたかったのと、この際カウンターも変えたいとおもい、リフォームに挑みました。(結露する冷蔵庫はしばし我慢するとして。)

メインの家は唐津の家と違う味を出したいとおもっていたので、新品の物で取り揃えるお金もないことも理由に中古屋さんで古いエナメルのシンクを見つけ、それにあわせてカウンターも銅板で作りたいとおもいました。

P子が私よりも一ヶ月前に引っ越しして一足先に家の準備をしていてくれたし、そんなに大袈裟な工事でもないからすぐにできるだろう、と構えていたら、どっこい、キッチンが最後の最後まで引き延びてしまったのです。キッチンは重要だからなるべく早くおねがいしますね、と大工さんにもことごとく頼んでいたのでいくらなんでも1ヶ月もかからないだろう、とおもっていたのが、しかし、私が計算にいれていなかったのはここがアメリカだという事。

2ヶ月経っても仕事が進まない。。。(夏は他の仕事もあって忙しい大工さんだとはわかるけど、でもですね。。。このままじゃ私、死ぬかも!)

全てがきちんと時間通り、約束通りに物事が運ぶ日本社会をどれだけ恋しくおもったことか!毎日BLTサンドイッチみたいなものばかり食べてたらほんまもんのアメリカ人になっちゃいそうで、いくらなんでもこれ以上待たされると私が本気でキレる!と(p子が)危機を感じ、それで別の職人さんに変えて3日で仕上げてもらうことになりました。



時間が経てば味がでてくるとは解っていても。一歩間違えると成金趣味に勘違いされそうな危険が漂っています。

嫁と畳は新しい方が良いと言いますけれど、、、銅に関しては逆ですね。

旦那と銅は使いよう。

丁寧に扱えば、そして愛着をもって育てて行けばきっと価値あるものに成長するはず!

JAPAN

4838-20 Mirukashi

Karatsu, Saga 847-0825

TEL: 0955-58-9467

USA

534 Shepard Hill Rd

Union, ME 04862

TEL: 207-790-3900

© 2020 by MONOHANAKO

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon