馬鹿と天才は紙一重

普段は梅雨時になるとアメリカにいるのだけど、今年は母と一緒に梅干しを作ろう、とおもって6月まで唐津にいることにした。

うちの畑には南高梅が10本ほどあり、毎年立派な実を持たせる。

いつも60kgくらいはとれる。とはいえ、そんなになっても一人では食べきれないし、母は嬉しいような、迷惑なような表情でいつも梅を眺めている。けど、なったらなったで放っておくわけにはいかないので、結局一人で毎年梅干しを漬けている。

『桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿』

母は調子良くそう言いながら去年、梅を採るときついでに枝もがんがんに伐採してしまった。

ところが、なんだか様子がおかしい。

梅どころか、今年はレモンも花がいっこうに咲かなかった。

いつもは枝が垂れるほど実がなる枝に、待てど暮らせど、今年は10本の木から5粒の梅しか検出されなかった。

『きっとクニコのせいだ』とだれの目にも確かだった。

母は天才を通り越して、おばかな人でした。

やはり、物事は専門家にたのみましょう。

JAPAN

4838-20 Mirukashi

Karatsu, Saga 847-0825

TEL: 0955-58-9467

USA

534 Shepard Hill Rd

Union, ME 04862

TEL: 207-790-3900

© 2020 by MONOHANAKO

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon