野生のブルーベリー



なだらかな傾斜の丘なので激しいハイキングをしなくてもよいのだが、丘の上へ行けば周りの海が見渡せる。気晴らしの散歩にはもってこいの場所だ。

ここへは何度か来ているはずなのに思いがけないものと出会った。

ブルーベリーである。

メインはブルーベリーで有名な事は知っていたが、野生のブルーベリーを目にしたのは初めてだった。

私がブルーベリーだと気付くまでに時間がかかったのはそれがあまりにも低い茂みの中に潜んでいたからだろう。

ここは丘の上で風当たりが強いからか丘の茂みは膝下10cm。丘の上から見下ろす景色に見とれて足下には注意が払われていなかったのだろう。注意を促すと葉っぱの裏側にたくさん藍色の実が埋もれているではないか!

さりとて、ここに来るものは私だけではないはずなのに、こんなにたくさんのブルーベリーが野放しにしてあるのはなぜ?野生の動物もたくさんいるはずなのにだれも食べていないとすると、はたして毒があるのだろうか?野生の勘が一瞬脳裏をかすめたが、さすが食い意地の方が勝ってしまい、翌日プラスチックの容器を懐におさめ、また同じ丘へと向かった。

小さな実で容器を一杯するにするのには小一時間かかった。ブルーベリーにも二種類あるようで、霜がかかったような淡い色のもの(これは私が見慣れているものと同じ)と濃くて鮮やかな色のものとがあった。両方とも実の形も葉っぱの具合も同じである。しかし、きれいで美味しそうなもの程毒をもっている。果たしてこれは無害なものなのかという判断にとても苦しめられた。

最終的には鮮やかな方にも手が行ったのだけど。

指が紫色に染まるのもおかまいなしにブルーベリーを採集した。

ふと体を起こすと影が長くなっている。そろそろ引き上げる潮時らしい。

その日は自転車で駆け下りる坂が一段とここちよく感じられた。

ブルーベリーはパイも美味しいけれどバニラアイスクリームと良く合う。


ここで重要なのはバニラアイスをケチらないで上等のものを選ぶこと。

もちろん、ブルーベリーパイ+バニラアイスという豪華な組み合わせも最高である事は言うまでもない。

JAPAN

4838-20 Mirukashi

Karatsu, Saga 847-0825

TEL: 0955-58-9467

USA

534 Shepard Hill Rd

Union, ME 04862

TEL: 207-790-3900

© 2020 by MONOHANAKO

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon