美しいもの


いつも見る風景なのだが、いつ見ても感動する風景がある。

唐津の家路の登り際に見える、曲線美に満ちた丘。

ススキが野原一面にゆらめいている。

谷間には黄色く色づいた田んぼが段々と連なる。

多くの人にはどうってことない風景かもしれないが、私はこの風景をみると母の懐にはいったような気分になる。

夕日が一段と金色色に染めている。

今は特に秋の気配がただよっていて、こんな色でセーターを編んだら素敵だろうな、と思う暖かい色。

こんな風景を見るたびに思い出す人がいる。

彼女は残念ながらもうこの世にいない人となったが、なんとなく、まだ進路に迷っていた20代の自分の背中をひょいと押してくれた人だった。

シス トムセンというデンマーク人で、ヤキモノを作ったり、絵を描いたり、詩を書いたりしている人だった。

彼女が晩年独りでムーン島という小さな島で過ごした日々の写真集/詩集をみせてもらったことが今もすごく心に焼き付いている。

彼女は毎日同じ場所で彼女の目に映った風景を写真に収めた。けれども、一枚とも同じ風景は無かった。それぞれの季節、それぞれの時間、そして彼女の気持ちもまた違っていた。

美しいものはなんともないところにも存在している。ようは感動する心が大事なんだと気付かされた。

それはずっと忘れずにいたい。

JAPAN

4838-20 Mirukashi

Karatsu, Saga 847-0825

TEL: 0955-58-9467

USA

534 Shepard Hill Rd

Union, ME 04862

TEL: 207-790-3900

© 2020 by MONOHANAKO

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon