時代を経た美しさ

先日、九州博物館のボストン美術館コレクションを観にいった。観光バスとかでどどっとくるお客さんで、人混み爆発中で見る前から疲れた。岡倉天心、意外なお顔だった。


仏画がなかなよかった。御釈迦様やゾウの神様とかの指先や目つきが色っぽかった。表装もグー。

日本人が見捨てた美術を、海外で保護されたところが皮肉でもある。

一番気に入ったのは鎌倉時代の四天王像。

ところどころ色が剥げてて、でもそれが逆に味があって良かった。

古くて良いものは時代を経てもモダンな感じがある。

時代を経ているからこそ良いのかもしれない。

そこには枯れた美しさがある。

やきものでも同じことが言えるんじゃないか。

古唐津とか、味があって良いと思えるのも、時と共に使いならされてからこその美しさがあるとおもう。

自分が生きる時間は短いスパンだけど、大事に使いながら育てていきたいのもがある。

JAPAN

4838-20 Mirukashi

Karatsu, Saga 847-0825

TEL: 0955-58-9467

USA

534 Shepard Hill Rd

Union, ME 04862

TEL: 207-790-3900

© 2020 by MONOHANAKO

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon