Monohanako | blog
Modern Japanese pottery made in Karatsu Japan by Hanako Nakazato
pottery, Japanese, Japan, handmade, production potter, Karatsu, yakimono,
15985
page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-15985,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-10.1.1,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

私は日本人であることを誇りに思いますが、たま〜にそうでもない時があります。それはゆるキャラをみたとき。今や日本全国に地方それぞれの名産物や情報などのPR担当をしているマスコットキャラクターが存在しますが、子供を相手にする事業ならまだその手のやり口が理解できても、大人までもがその(子ども騙しみたいな)ノリにひっかかっているのはいかせんどうしたものかと思っている。おそらく私は可愛げのないタイプの人間なのだと思いますが、ゆるキャラをみて喜んでいる大人たちをみるとその人の精神年齢を疑問に思ってしまうのです。...

そら豆が美味しい季節です。 そら豆という言葉の響きも大好きだし、なんてお姫様な植物なんだろうと思う。 そもそも、過剰包装的な植物で、あんなボリュームから実際食べられるのはこれだけ?的な量になってしまうので、いつも多めに買うことにしている。...

私もたまに独りの時や忙しい時はワンプレートディナー(全てのおかずを一枚のお皿に乗せて食べる方式)をやっていますが、これを毎日やってしまうと疲れてしまい、自分でも背中に哀愁が漂ってる感を覚えます。やはり、食事というものは時間をかけてゆっくり誰かと一緒に食べたいものです。...

「花子さんって、ロクロを回してる時って、何考えてるんですか?」 という質問を受ける時がありますが、 (きっとお料理の事とか、器の造形のこと、釉薬の仕上がりとか必死に考えながら作っているに違いない!)という相手の期待を裏切るかのごとく、 「大概、何も考えていません」 というのが答です。...

私の住んでいるところは見借(みるかし)というところで、田んぼや山に囲まれたレッキとした田舎。 小さい頃は見借の子供は田舎者として皆バカにされていた。自分も野生児というあだ名で呼ばれていた。実家(隆太窯)もそうだが、monohanakoもその見借村の集落からも更に外れて一件だけぽつん、と軒を構えたところにある。日本の農耕民族的視点からみると、「外れ者」もしくは「もの好き」としか思えようのない場所にある。...